アライグマや害獣の駆除を業者に依頼|クマッたことを解決

狙われやすい場所

鳩がもたらす健康被害

先日TV番組で、マンションのベランダに住み着いた鳩を駆除するための対策を放送していました。ベランダが真っ白になるほどの糞と群れる鳩は、マンションの住人に日常生活における支障と健康被害をもたらしていました。鳩の多くはドバトやキジバトと呼ばれ、都市部に多く見られるのはドバトです。鳩の糞はクリプトコックスという病原菌の温床となっていて、人の肺に感染すると発熱や胸痛等の症状が出ます。さらに髄膜炎から中枢神経症状となり、悪化すると死亡する場合もあります。これはクリプトコックス症という人獣共通感染症で、人の肺で増殖した菌が子供やお年寄り等の抵抗力が弱い人の肺や脳に病変を作ることにより起こります。また、ウイルス感染している渡り鳥の糞を介して鳩が感染し、鳩の糞から鳥インフルエンザに人が感染する恐れもあります。これらは何れも堆積した大量の糞が風で舞い上がり空気中に分散し、それを吸い込んだ人が感染して発症するものです。

被害の段階に応じた駆除対策

鳩の攻撃を避ける為には、さまざまな工夫が必要となります。休憩場所として飛来しているような初期段階にはテグス(釣り糸)を下げる、止まりにくくするためのWの形状をした剣山のようなスパイクの設置等が有効です。視覚、臭覚、触覚、味覚を刺激する忌避剤を塗る方法もあります。これは1〜2年効果が持続し、カラスやスズメにも有効です。個人ができる対策はここまでとなります。鳩が休憩場所として安心し、数羽の仲間を呼び寄せる頃から糞の被害が目立つようになります。具体的には、洗濯物を糞で汚されることなどがあります。そして、ベランダの室外機の裏等をねぐらとし始めた頃には、鳴き声の騒音と大量の糞による被害へと拡大します。ねぐらにして大丈夫な場所だと確認できると巣作りを始めます。一度安全だと確認すると、縄張り意識や帰巣本能によって駆除することが非常に難しくなります。鳩は止まる場所などにこだわりを持っているため、習性を熟知した駆除業者に相談した方が良いでしょう。早い段階での駆除が肝心です。